トップ / 歯科助手が注意すべきこと

歯科助手が注意すべきこと

歯科助手の仕事内容は

歯並び

歯科助手の仕事の範囲

歯科助手の仕事の範囲は、受付での患者さんの応対や治療費の徴収、院内の清掃、医師や衛生士の補助などがあり、資格を取得していない未経験者でも出来る仕事です。医師や衛生士の補助は医療行為と呼ばれないものしか行なう事は出来ず、よく任せられるのは器具の消毒や診療に入る際の準備ですが、消毒の仕方を間違えてしまうと患者さんに影響を及ぼす場合もありますので、慎重にやらなければなりません。また歯科助手は病院の顔で電話応対時の態度がまずいと、それだけで「あの医療機関は良くない」という烙印を押されてしまいますので注意が必要です。

歯医者の助手の仕事とは

歯医者で働いている人には色々な名称があります。よく間違えられるのが歯科衛生士と助手です。衛生士は国家資格ですので、専門の短大や専門学校で勉強、実習などを行い国家試験を通った人だけがもてる資格です。助手は資格はいりません。歯医者の面接に受かることができますと、働くことが可能です。歯科医院内の受付、医師のアシスタントなど幅広く働きますが、口の中を触ることはできません。しかしできることも多いですし、やりがいのある仕事ですので人気があります。医療機関で働きたい人などが多く集まることもありますのでパート求人の競争率は高いです。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科で働く衛生士について. All rights reserved.