トップ / 歯科技工士は大切な存在

歯科技工士は大切な存在

歯科に必要な技工士

歯並び

歯科医だけでなく技工士にも注目

虫歯など口の中の病気になった時、歯医者さんに行って治療してもらいますが、歯医者さんの技量と同じくらいに大切なのが歯科技工士さんです。あまり注目されませんが入れ歯、差し歯、銀歯などを歯医者さんの指示によって製作するのが仕事です。入れ歯などは長期間使用しますので、きちんとしたものでないと歯だけでなく全身に影響が出ることがあります。歯科医を選ぶときには技工士さんが常勤のところを選ぶと、入れ歯などの製作の日数が短くて済み、また装着する時に不具合があったらすぐに対応してもらえます。いい歯医者を選ぶ時の1つの基準となるでしょう。

歯医者の技工士必要性とは

歯科技工士とは銀歯や義歯等の作成をする職業になります。そこ職業に就く為には専門の教育機関で勉強する必要性があります。課程を全て終了した人は国家試験を受験する資格を手に入れる事ができます。その試験に合格する事によって職業に付く事が出来ます。メーカーやクリニックで働く事が多いです。学校を卒業しても、歯科関連の医療技術の発達により更なる勉強が必要となる職業と言えます。しかし、専門的な知識が要求される職業の割には賃金が安いことでも知られており、慢性的な人員不足にも悩まされています。これから、環境が整えられる事を期待されています。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科で働く衛生士について. All rights reserved.