トップ / 歯並びを歯科で治す場合

歯並びを歯科で治す場合

歯科で歯を矯正する

歯並び

歯科における矯正とは

歯科には矯正があります。出っ歯や歯並びを良くしたりする分野です。一般の虫歯治療と違って、矯正は高度な技術を要しますので、認定資格を受けた医師しかんることができません。また保険が適用されないことが多いですので、治療を受ける前に患者さんと金銭面などを話しうあう必要があります。若いうちに治療をすることが多いため、治療が数年にわたることもめずらしくないですでそのへんもじゅうぶん話し合う必要があります。虫歯と違って、顏の表情に左右する分野でもありますので、一生をともにすると考えると、大切な歯科治療をするところなのです。

歯列矯正の治療メリットとは

歯列矯正は歯並びを美しくするために歯科でおこなわれるものです。歯並びが悪いと笑顔に自信がもてませんし、歯周病などに罹患する率も高くなります。歯並びを直す治療には長い時間がかかります。器具を常に装着しなければならないので治療中は見た目も気になりますし、器具に食べ物が引っかかったりします。歯が引っ張られたようなものなので、痛みを感じることもあります。また保険適用外のため、費用が高いです。子どものときにおこなう方が費用も安く済みます。歯列矯正をおこなう場合はデメリットも理解したうえで歯科でのカウンセリングを受けましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科で働く衛生士について. All rights reserved.