トップ

歯科で働く衛生士について

歯科衛生士の資格

歯並び

歯科衛生士の仕事の内容

歯医者で働く職業として衛生士という資格があります。この職業は受付事務や雑用等をおこなう歯科助手とは異なり、患者さんの口の中を触ることができます。国家資格ですから3年間の養成学校に通った後、資格試験を受けなければなりません。衛生士の主な仕事としては、歯磨きの方法の指導や医師の診療の補助、また歯垢や歯石など口腔内の汚れの除去といったことです。この職業は専門的な知識と技術が必要で、成人の歯周病などの罹患率が高くなっている昨今では、歯科予防の観点からも必要性が高くなっています。歯医者だけでなく、市などの検診時にも必要とされます。

歯医者の衛生士の仕事とは

歯科衛生士は、人々の歯、口腔の健康づくりをサポートする国家資格の専門職だということをご存知ですか。仕事には、法律で定められた3つの業務があります。まず、虫歯や歯周病の予防処置です。次に、診療において、医師を補助するとともに、治療の一部を担当したり、医師と患者のコミュニケーションに配慮するなど、信頼関係に基づく優しい歯科治療を行うために重要な役割を担っています。3つ目は、保健指導です。歯磨き指導を中心とした歯口清掃法や、食べ物や噛み方を通した食育支援、高齢者などを対象とした摂食、嚥下機能訓練などを行っています。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科で働く衛生士について. All rights reserved.